性病検査何科

病院の何科で性病検査を受けるのか?

おしっこしたら尿道に激痛が走る!よく見たら黄色っぽい膿が出てる…。これって何?もしかして性病かも。

 

性病には、淋病やクラミジア、梅毒、カンジダ、エイズなど様々な種類があります。

 

特にクラミジアは最も多い性感染症となっており、18歳から19歳の女性の10人に3人、20代では20人に3人がクラミジアに感染しているといわれています。

 

女性のクラミジアは症状が出づらいので、気づかない間に感染者を増やしているといった可能性も十分考えられます。

 

性病の感染経路は、セックスはもちろん、オーロラセックス(口腔性交)でも感染する可能性があるので、コンドームなどを着用せずセックスした場合は性病に感染してしまうリスクも高くなります。

 

男性の場合は、尿道が痛かったり痒くなる、膿が出るような症状が出る事が多く、女性の場合は、おりものが増えたり生理痛のような痛みがある、臭いがするなどの症状があります。

 

このように、性病に感染した可能性が考えられる場合はすぐに性病検査する必要があります。では、性病検査をするにはどこの病院に行けばいいのか?病院でも何科に行けばいいのか分からない方も多いでしょう。

 

そこで、性病検査を受ける場合に何科の病院に行けばいいのか紹介しておきます。

 

性病検査が受けれる科

性病の検査を受けるのであれば、「性病科」「泌尿器科」「婦人科」で検査してもらうのが一般的となっています。

 

性病科はちょっと聞き慣れないかもしれないですが、病院によっては性病を専門とした性病科があるので、性病科がある病院であれば性病科で診てもらうのが間違いないでしょう。

 

もし性病科の病院が無い場合は、男性だったら泌尿器科、女性だったら婦人科で検査してもらうようになります。

 

病院で診てもらうのが恥ずかしい

性病検査をするのに、病院に行くのってちょっとためらいがありますよね。

 

性病なのか気になるし、もし性病だったら1日も早く治したいといった気持ちはあるけど、周りの目も気になるし恥ずかしいから行きたくない…。

 

病院の性病科に入る所を知り合いに見られてしまったら、って考えるとやっぱり行きづらいですよね。

 

でも調べなければなりません。このような時は、病院へ行かずに性病検査が受けられる『性病検査キット』を利用するのがおすすめとなっています。

 

性病検査キット STDチェッカー

性病検査キット「STDチェッカー」は、自宅でできる性病検査になります。STDチェッカーを購入すると自宅に検査キットが届けられ、あとは説明書通りに検査物を採取します。

 

std

 

採取した検査物は、検査申込書と一緒に返信用封筒に入れて送れば、性病検査を受ける事が可能となります。

 

結果については、インターネット上で確認する事が出来るので、わざわざ病院に行く事なく検査を受ける事が可能となります。

 

検査申込する際は、名前や住所を必要がなく匿名で検査を受ける事ができます。なので、誰にもバレずに性病検査を受ける事が出来るので安心です。

 

STDチェッカーを注文してから約1週間ほどで検査結果が分かりますよ。

 

性病検査キットを使えば、病院に行く事なく性病になっているのか調べる事ができますね。

 

page top